トップページ > 日本車と輸入車のデザインの違い

日本車と輸入車のデザインの違い

"一昔前は、日本車は品質が良く故障しないが、輸入車はすぐに故障して、しかも修理に時間とお金がかかる、というイメージがあった。そのかわりという訳ではないが、常にデザインは輸入車が優れていて、日本車はせいぜいそのマネをするだけだ、というイメージも。
前者、つまり品質の差はかなり埋まってきているという印象だ。元々の品質を向上させ、日本国内でのアフターケアの体制も以前より整っている。もちろん日本車も新技術の投入や環境性能の向上などでさらに品質を上げているが、昔ほどの圧倒的な優位性はなくなっている、と見るべきだろう。
一方、デザインはどうだろうか。しっかりとしたアイデンティティを持つ海外メーカーは、今もそのデザインでユーザーを魅了している。総じて日本車よりも高い金額の車がまだ売れるのは、そのデザインが金額に相応しいだけの付加価値として認められていることの証だ。
ところが日本車は、一向にデザインが向上したという印象を受けない。もちろん、時には単発で素晴らしいデザインの車が生まれることもある。しかしそれは長続きせず、モデルチェンジでがらりと変わったデザインが、先代のそれを超えることは稀だ。ここに日本車の問題がある。
善し悪しは別にして、海外の車はモデルチェンジしても一つ前のデザインを必ず踏襲しており、歴代の同じ車種を並べれば、しっかりとデザインの根拠を実感できる。
日本車のデザイン力を上げるために必要なのは、奇抜な一発屋のデザインではなく、この継続性ではないだろうか。
"

どのタイプが人気?死亡 保障について掲載しています。