トップページ > 対人賠償保険

対人賠償保険

◆対人賠償保険

「対人賠償保険」とは、保険を契約した自動車によって、他人を死亡または傷害を負わせた場合に、補償の対象となる保険です。
事故による実質的な損害金額ではなく、「傷害の治療費」「死亡の補償費」のうち、「法律上の賠償責任」を負った部分の補償に利用されます。
保険の中でも最も重要な保障内容です。

事故の中でも、他人に対して死亡事故や重傷事故を起こしてしまった場合、その損害賠償は、とても高額になります。
被害者からすると、運悪く加害者が無保険だった…などという死に損は許されないことなので、そのために、対人に対してだけは必ず加入しておかなければならないと、法律で定められれいます。
これが、「自賠責保険」です。
しかし、自賠責保険の支払い限度額は、
・死亡事故の場合 3000万円
・重度後遺障害の場合 4000万円
・傷害の場合 120万円
と決められています。

実際の交通事故の補償では、これらの限度額をはるかに超えます。
実は、億単位の賠償額になることも珍しくありません。
補償金は、被害者の年齢や社会的地位によって大きく異なってくるのです。
当然、自賠責保険の限度額を越えた損害賠償は、加害者が支払わなければなりません。
任意の自動車保険に加入していなければ、差額は自分で用意しなければならないのです。
一億円の賠償責任が発生したとき、7000万円を用意しなければなりません。
交通事故、特に死亡事故を起こしてしまったら、一生償いのために働かなければならないというのは、脅しではないのです。
また、加害者が十分な任意保険に入っていないがために、賠償金が支払われられずに、苦しんでいる被害者や遺族もたくさんいます。

ですから、任意保険の中でも「対人保険」だけは、「無制限」としておくのが一般的です。
そうすれば、少なくとも、賠償金を用意するために、自分の命を落とさなくてもよいし、生活していけますから。

ちなみに、たとえば家の周りで、自分の子供を轢いてしまった…などという痛ましい事故があります。
対人賠償保険の支払い対象は、「他人」なので、被害者が被保険者の身内の場合には、支払い対象になりません。
被保険者が許可して自動車を運転している人が事故に遭った場合にも、同様です。