トップページ > 無保険車傷害

無保険車傷害

◆無保険車傷害

自動車には、強制保険が掛けられていて、一応最低限の被害者に対する補償となっていますが、実際には、補償金額は全然たりず、任意保険の加入が強制的な意味合いをもっています。
しかし、法律で決められているわけではないので、世の中の人には、自賠責だけは仕方なく加入していても、任意保険には未加入の場合もあります。
任意保険のなかでも、特に対人賠償補償の不足している場合を、無保険車といいます。
実質、役にたたないというわけです。

事故相手が、様々な事故を想定して、万全の備えをしているわけではなく、被害者が事故後に大変な思いをすることはよくあります。
こういった状況に備えるために、被害者となってしまったときの補償が、無保険者傷害です。

事故相手である車両が、下記にあげる条件のいずれかに該当する場合に補償の対象となります。

・任意の対人保険に加入していない場合
・対人保険に加入しているが、運転者条件(家族限定や、年齢など)にそっていないために保険がおりない場合
・事故の加害者が特定できない場合
・対人保険に加入しているは、保険額が被害者に支払う賠償額に満たない場合